a
健康診断
快食、快眠、快便、すなわち食事がおいしく食べられ、よく眠れ、便に適度の硬度と光たくがあれば健康の証明。さて、あなたは。
カードジョーカーを除く52枚。
占い方
力−ドをよくシャッフルしたら、上から十字を切るように、上下、左右、上下、左右と8枚ならべ、中央に残りのカードを積んでおきます。この十字のカードに同位札があればとり除き、あいたところへ中央のパイルからカードをおろします。そのカードの同位札が場になかったら、すて札とします。すて札のトップカードは使えます。
図では、K・Kがとり除かれ、8・8もとり除かれます。そのあいだ場所に中央のパイルからうめます。しかし、最終的にはパタパタとかたずくことはあっても、気持よくすいすいと場が進むことはあんまりありません。
結果
すらすらよどみなくかたずいてすべてのカードがなくなったら快調です。完全な健康体。仕事に意欲がわき、バラ色の人生を送っていることでしょう。
最終的にはかたずくにしても、最後の場に残ったカードに
A・Aがあれば、はつらつとした健康体。ただ消化器には注意しましょう。妊娠中の女性は安産でしょう。
K・Kがあれば、疲れをしらない体力。しかし、頑張り過ぎると胃、肝臓に疲れがでます。
Q・Qがあれば、体を鍛えましょう。若々しい体を維持する努力が必要です。ただ、外傷、あせも、にきびができるでしょう。
J・Jがあれば、内科的な病気は漢方薬で治しましょう。少し時間がかかります。女性も冷え症、生埋痛に効きます。
A・Aがあれば、体の不調がつづいていたあなた、今、回復のチャンスです。不摂生のない生活を心がけましょう。
K・Kがあったら、なんとなくいらいらしていませんか?ストレスが溜っています。睡眠時間を増やし、酒、タバコを絶ってみたらよいでしょう
Q・Qがあったら、あなたは便秘に苦しんではいませんか。朝コップに1杯水を飲み、体を動かすこと。とくに縄とびや美容体操などをお勧めします。
J・Jがあったら、急性の胃腸病、眼病に気をつけましょう。
9・6・9・6があったら歯痛や
粘膜系統に注意が必要です。日頃から清潔にしておくこと。3は退院間近い印。
2・2が入っていたら、ニキビや皮膚のあれがでるでしょう。洗顔、入浴に心がけてください。
8・8があったら、おたふく風邪やあせも、はしかをやってない人は要注意。
5・5があったら、食生活に注意を払ってください。便秘は著しいものです。
以上のカード以外のカードなら、赤()のカードが多ければ、ほぼ健康体。黒()のカードが多いと、軽い風邪や、疲労がたまっています。日頃体に自信のある人も、摂生してください。また、手が詰って、どうしても場が、すすまなかった場合は、危険信号です。通勤の行き帰リの交通事故や、風邪をこじらせて肺炎になる恐れもあります。くれぐれも注意をおこたらないよう心がけましょう。

  
a