a
ラッキーセブン
運勢占いの第1歩は、ラッキーセブン。占いの基本的なものです。
力−ドジョーカーを除く52枚。
レイアウト
シャッフルしたカードを図のように、最初の1枚を表に、2列目は、たてに、裏1枚、表1枚、第3列目は、裏2枚、表1枚と7列までならべます。形としては各列の一番トップ(手前)が表になるように並べればよいわけです。並べ終ったら、予備札として3枚を左下に表向きにして並べます。もし、レイアウトの途中にAが出てきたら、台札として、台札の位置に置きます。残ったカードは手札として、裏にし左手に持ちます。
占い方
さてカードを操作していきます。
表向きの各列のカードと予備札を、よく見比べてみます。そして、数下りシークエンスが見つかったら、赤(
)と黒()を交互に重ねていくのです。さらに、カードの移動に伴って、トップになった裏向きのカードを開き、またこれを続けます。そして同時に、台札につづく同じスートのカードが出てきたら、そのカードは、数上りに台札のほうに移していきます。このようにして、各スートのAからKまでを作っていきます。図を例にとって説明しましょう。
まず、場札のトップの数の高い数のカードから始めます。Kがあります。Kの上にQを重ね、その上にJを重ねます。さらに予備札の2は台札の1に続きますし、それに、3が重ねられます。
また、場札の8に7が続き、さらに予備札から6、5の順に重ねていきます。ここで予備札がなくなりましたので、手札から3枚おろします。たとえ、1枚、2枚と残っていても、移動するカードがなくなったら、3枚におろします。
トップカードが移動したら、裏のカードを表にして進めていきます。そして、Kが出てきたら、あいた列に移します。図では、7が移動していますから、そこヘK以下を移します。
このようにしてどんどん整理していきます。
結果
がそろったら、それは文句なしのラッキー。最高です。願いは叶い、恋も実り、仕事も充実発展します。どんな障害も蹴散らし、ライパルもノックダウン。
の3組がそろったら、小吉です。困難はあっても、なんとか解決できて順調に伸展するでしょう。援助の手もさしのべられるでしょうが、頼りきったり、自分を過信してはいけません。努力が必要なのです。
の3組がそろったら、警告です。一見順調にいくように見えて、障害や事故がおきるかもしれません。十分注意が必要。
の2組がそろったら、まずは吉。愛情や金に恵まれるでしょう。
の2組がそろったら、人の好意を得て、恋が育つでしょう。
の2組がそろったら、金銭的な援助があり、共同事業は発展するでしょう。
の2組がそろったら、優秀な人材に恵まれますが、大きな壁にぷつかるでしょう。
の1組では愛情運があります。
の1組では、お金が入ります。
の1組では、友情に恵まれます。
1組もそろわなかったり、が混っていたら、凶運ですから、守備に回りましょう。

  
a