食中毒安心キッチンマニュアル

6〜8月は1年で最も食中毒の多いシーズン。川、海、土、植物、動物と地球上の至るところに菌は潜み、スキあらば私たちの体内に入り込み、悪さを働こうとねらっています。たとえ菌が入っても、多くは胃酸が殺してくれるので発症には至りませんが、抵抗力が弱っていると容赦なく攻撃をしかけて来て、食中毒を起こします。そこで、私たちにできる武装手段は、「清潔・加熱」を旗印に菌を増やさないようキッチン周りを整えること。正しい知識こそ菌に対する最強の「予防ワクチン」となるのです。