| 五行から占う | 姓名判断の力 | 五行の吉凶判断→ |



スポンサード リンク

■五行の基礎■

私たちの住む地球には、木星、火星、土星、金星、水星の、五つの大きな惑星があります。五行説とは、それら五つの星の気が、地球にさまざまな影響を及ぼしている、という考え方から生まれた哲学です。
五行の文字が示すように、「木」は樹木、「火」は炎、「土」は大地、「金」は金や刃物、「水」は水を表します。

相生関係と相克関係

相生関係とは自分を中心に据えて、生んでくれた親との関係、また自分が生む子供との関係に代表される、密接な良い関係のことを言います。
水は木を育て、木は燃えて火を生みます。火はやがて燃え尽きて土となり、土は金を産出します。金は冷えると水の粒を生みます。自然界はこの関係を同じサイクルで繰り返しているのです。
この循環からわかるように、木と火、火と土、土と金、金と水、水と木とは、互いに必要とし合い、切り離すことができない宿命をもっています。この関係が相生関係です。
相克関係とはお互い同士が反発し合ったり、足を引っ張ったりしあう関係です。
土は木に養分を奪われます。木は刃物に切られ、金は火に溶かされ、火は水に消され、水は土に吸い取られます。このような関係が相克関係です。
姓名に相性関係があれば幸運を呼び、相克関係があれば運勢を下げることになります。
ちなみに、同じ気同士の関係は「比和」といい、基本的には相性関係とみなしますが、凶になる場合もあります。比和は兄弟や姉妹の関係に代表されるものです。

 木-木-木[プラスに作用]
 土-土-土[プラスに作用]
 火-火-火[マイナスに作用]
 金-金-金[マイナスに作用]
 水-水-水[マイナスに作用]

相生関係

相生   

相克関係

相剋
スポンサード リンク



| 五行から占う | 姓名判断の力 | 五行の吉凶判断→ |