Smarty マニュアル

前のページ

第 5章変数の修正子

次のページ

date_format

パラメータの位置型必須デフォルト概要

1

string

No

%b %e, %Y

日付の表示フォーマット

2

string

No

n/a

入力が空のときのデフォルトの日付

日付と時間をstrftime()のフォーマットに基づいて整形します。 プログラマは日付をUNIXタイムスタンプやMySQLタイムスタンプ、月・日・年で構成された(strtotimeによって解釈可能な) 文字列として変数に割り当てる事によって、デザイナーはこの修正子を使って日付の書式設定を自由にコントロールできます。もし、date_formatに渡された日付が空であり、そして第2パラメータが渡された時は、 その第2パラメータがフォーマットのための日付として使用されます。

例 5-8. date_format

<?php

$smarty = new Smarty;
$smarty->assign('yesterday', strtotime('-1 day'));
$smarty->display('index.tpl');

?>

index.tpl :

{$smarty.now|date_format}{$smarty.now|date_format:"%A, %B %e, %Y"}{$smarty.now|date_format:"%H:%M:%S"}{$yesterday|date_format}{$yesterday|date_format:"%A, %B %e, %Y"}{$yesterday|date_format:"%H:%M:%S"}

出力 :

Feb 6, 2001Tuesday, February 6, 200114:33:00Feb 5, 2001Monday, February 5, 200114:33:00

date_format の変換指定子 :

・ %a - 現在のロケールに基づく短縮された曜日の名前

・ %A - 現在のロケールに基づく完全な曜日の名前

・ %b - 現在のロケールに基づく短縮された月の名前

・ %B - full month name according to the current locale

・ %c - 現在のロケールに基づく適当な日付と時間の表現

・ %C - 世紀(年を100で割り、整数に丸めたもの。00から99)

・ %d - 日付を10進数で。(01から31)

・ %D - %m/%d/%yと同じ

・ %e - 月単位の日付を10進数で表したもの。日付が1桁の場合は、前に空白を一つ付けます。(' 1'から'31')

・ %h - %bと同じ。

・ %H - 時間を24時間表示の10進数で(00から23まで)

・ %I - 時間を12時間表示の10進数で(01から12までの範囲)

・ %j - 年間での日付を10進数で表現 (001から366)

・ %m - 月を10進数で表現 (01から12)

・ %M - 分を10進数で表現

・ %n - 改行文字

・ %p - 指定した時間により `am' または `pm' 、または 現在のロケールに対応した文字列

・ %r - a.m.およびp.m.表記で表した時間

・ %R - 24時間表記で表した時間

・ %t - タブ文字

・ %T - 現在の時間。%H:%M:%Sに等しい。

・ %u - 10進数表記の曜日で1?7の範囲。1が月曜日。

・ %U - 年間で何番目の週であるかを 10 進数で表現。年間で最初の日曜を最初の週の最初の日として数えます。

・ %V - ISO 8601:1988で規定された現在の年の週番号の10進数表現で 01から53までの範囲となります。 1は最初の週でその週は現在の年に 最低4日はあります。週は月曜日から始まります。

・ %W - 現在の年で何番目の週であるかを10進数で表現。 年間で最初の月曜を最初の週の最初の日として数えます。

・ %w - 曜日を10進数で表現。日曜は0になります。

・ %x - 時間を除いた日付を現在のロケールに基づき表現します。

・ %X - 日付を除いた時間を現在のロケールに基づき表現します。

・ %y - 世紀の部分を除いた年を10進数として表現。(00から99までの範囲)

・ %Y - 世紀を含む年を10進数で表現

・ %Z - タイムゾーンまたはその名前または短縮形

・ %% - 文字リテラル`%'



プログラマーズノート: date_formatは本質的にphpのstrftime()関数のラッパーです。phpがコンパイルされたシステムのstrftime()関数に応じて、利用可能な変換指定子が多少変わる場合があります。有効な変換指定子の完全なリストは、システムのmanpageをチェックして下さい。

ページ上段