Smarty マニュアル

前のページ

第 8章カスタム関数

次のページ

html_select_date

属性名型必須デフォルト概要

prefix

string

No

Date_

<select>タグのname属性に付加する接頭辞

time

timestamp/YYYY-MM-DD

No

UNIXタイムスタンプ又はYYYY-MM-DDフォーマットによる現在の時間

使用する日付/時間

start_year

string

No

現在の年

ドロップダウンリストの始めの年 (年を表す数字又は現在の年からの相対(+/- N))

end_year

string

No

start_yearと同じ

ドロップダウンリストの終わりの年 (年を表す数字又は現在の年からの相対(+/- N))

display_days

boolean

No

true

日を表示するかどうか

display_months

boolean

No

true

月を表示するかどうか

display_years

boolean

No

true

年を表示するかどうか

month_format

string

No

%B

月の表示フォーマット(strftime)

day_format

string

No

%02d

日の出力のフォーマット(sprintf)

day_value_format

string

No

%d

日の値のフォーマット (sprintf)

year_as_text

boolean

No

false

年をテキストとして表示するかどうか

reverse_years

boolean

No

false

年を逆順で表示するかどうか

field_array

string

No

null

結果の値をこの名前の連想配列に渡してphpに返す (例: name[Day], name[Month], name[Year])

day_size

string

No

null

日のselectタグにsize属性を追加

month_size

string

No

null

月のselectタグにsize属性を追加

year_size

string

No

null

年のselectタグにsize属性を追加

all_extra

string

No

null

全てのselect/inputタグにさらなる属性を追加

day_extra

string

No

null

日のselect/inputタグにさらなる属性を追加

month_extra

string

No

null

月のselect/inputタグにさらなる属性を追加

year_extra

string

No

null

年のselect/inputタグにさらなる属性を追加

field_order

string

No

MDY

フィールドを表示する順序

field_separator

string

No

\n

フィールド間に表示する文字列

month_value_format

string

No

%m

strftimeフォーマットによる月の値(デフォルトは%m)

year_empty

string

No

null

年のセレクトボックスの最初の要素に、指定した文字列によるlabelと、""のvalueを持たせます。例えば、セレクトボックスに"年を選択して下さい"と読ませるような時に便利です。

day_empty

string

No

null

日のセレクトボックスの最初の要素に、指定した文字列によるlabelと、""のvalueを持たせます。

month_empty

string

No

null

月のセレクトボックスの最初の要素に、指定した文字列によるlabelと、""のvalueを持たせます。

日付のドロップダウンリストを作成します。年・月・日のいずれか又は全てを表示する事が出来ます。

例 8-10. html_select_date

{html_select_date}

出力:

続き…

ページ上段