Smarty マニュアル

前のページ

第 8章カスタム関数

次のページ

html_checkboxes

属性名型必須デフォルト概要

name

string

No

checkbox

チェックボックスリストの名前

values

array

options属性を使用しない限りはYes

n/a

チェックボックスボタンの値の配列

output

array

options属性を使用しない限りはYes

n/a

チェックボックスボタンの出力の配列

selected

string/array

No

empty

あらかじめ選択されたチェックボックス要素群

options

連想配列

values属性とoutput属性を使用しない限りはYes

n/a

values属性とoutput属性の連想配列

separator

string

No

empty

各チェックボックスアイテムを区分するための文字列

labels

boolean

No

true

出力に <label> タグを加える

html_checkboxesは、提供されたデータからhtmlチェックボックスグループを 作成するカスタム関数です。デフォルトで選択されているアイテムの指定もうまく配慮されます。必要な属性は、代わりにoptionsを使用しない限りはvalues属性とoutput属性です。全ての出力はXHTML互換です。

前述の属性リストに無いパラメータが与えられた場合は、作成された各<input>タグの内側に名前/値のペアで表されます。

例 8-6. html_checkboxes

<?php

require('Smarty.class.php');
$smarty = new Smarty;
$smarty->assign('cust_ids', array(1000,1001,1002,1003));
$smarty->assign('cust_names', array('Joe Schmoe','Jack Smith','Jane Johnson','Charlie Brown'));
$smarty->assign('customer_id', 1001);
$smarty->display('index.tpl');

?>

index.tpl の一部:

{html_checkboxes values=$cust_ids selected=$customer_id output=$cust_names separator="<br />"}

<?php

require('Smarty.class.php');
$smarty = new Smarty;
$smarty->assign('cust_checkboxes', array(
1000 => 'Joe Schmoe',
1001 => 'Jack Smith',
1002 => 'Jane Johnson',
1003 => 'Charlie Brown'));
$smarty->assign('customer_id', 1001);
$smarty->display('index.tpl');
?>

index.tpl の一部:

{html_checkboxes options=$cust_checkboxes selected=$customer_id separator="<br />"}

出力: (両方の例とも)

<label><input type="checkbox" value="1000" />Joe Schmoe</label><br /><label><input type="checkbox" value="1001" checked="checked" />Jack Smith</label><br /><label><input type="checkbox" value="1002" />Jane Johnson</label><br /><label><input type="checkbox" value="1003" />Charlie Brown</label><br />

ページ上段