Smarty マニュアル

前のページ

第 8章カスタム関数

次のページ

fetch

属性名型必須デフォルト概要

file

string

Yes

n/a

httpやftpサイトから取得するファイル

assign

string

No

n/a

出力が割り当てられるテンプレート変数

ローカルシステムやhttp, ftpからファイルを取得し、コンテンツを表示します。ファイル名が"http://"で始まるなら、webサイト上のページが取得されて表示されます。"ftp://"で始まるなら、ファイルはftpから取得されて表示されます。ローカルファイルの取得にはファイルのフルパス又は実行されるphpスクリプトからの相対パスを指定する必要があります。

assign属性が指定されると、fetchの出力はテンプレート変数に割り当てられます。(Smarty 1.5.0.以降)

テクニカルノート: これは、http リダイレクトをサポートしていません。 必要に応じてフェッチするwebページに終端のスラッシュを含める事。

テクニカルノート: セキュリティが有効に設定されている時にローカルからファイルを取得するには、セキュアディレクトリ($secure_dir)にあるファイルのみが取得可能です。

例 8-5. fetch

{* テンプレートにjavascriptを含める *}{fetch file="/export/httpd/www.example.com/docs/navbar.js"}{* 他のwebサイトからテンプレートに天候のテキストを埋め込む *}{fetch file="http://www.myweather.com/68502/"}{* ftpを経由してニュースヘッドラインファイルを取得する *}{fetch file="ftp://user:password@ftp.example.com/path/to/currentheadlines.txt"}{* 取得したコンテンツをテンプレート変数に割り当てる *}{fetch file="http://www.myweather.com/68502/" assign="weather"}{if $weather ne ""}<b>{$weather}</b>{/if}

ページ上段