Smarty マニュアル

前のページ

第 7章組み込み関数

次のページ

config_load

属性名型必須デフォルト概要

file

string

Yes

n/a

インクルードする設定ファイルの名前

section

string

No

n/a

読み込むセクションの名前

scope

string

no

local

読み込んだ変数の有効範囲。local...ローカルテンプレートのみ有効。 parent...ローカルテンプレートとそれを呼び出した親テンプレートで有効。 global...全てのテンプレートで有効。

global

boolean

No

No

変数が親テンプレートから利用できるかどうか。(scope=parent と同じ) (注: この属性はscope属性によってdeprecateされますが、まだサポートされています。scope属性が与えられるならこの値は無視されます)

設定ファイルからテンプレートに変数を読み込みます。 詳細は設定ファイルの項を参照して下さい。

例 7-2. config_load 関数

{config_load file="colors.conf"}<html><title>{#pageTitle#}</title><body><table> <tr> <td>First</td> <td>Last</td> <td>Address</td> </tr></table></body></html>

また、設定ファイルにはセクションが含まれます。section属性を指定する事で、セクション内の変数を読み込む事ができます。

注意: (注: 設定ファイルのsectionとテンプレートの組み込み関数sectionは 偶然に名称が同じというだけで相互に関係性はありません)

例 7-3. セクションを指定したconfig_load関数

{config_load file="colors.conf" section="Customer"}<html><title>{#pageTitle#}</title><body><table> <tr> <td>First</td> <td>Last</td> <td>Address</td> </tr></table></body></html>

ページ上段