Smarty マニュアル

前のページ

第 4章変数

次のページ

設定ファイルから読み込まれた変数

設定ファイルから読み込まれた変数は、それらをハッシュマーク(#)で囲むか、smarty変数 $smarty.configを用いる事で参照できます。2つめの構文は、クォートされた属性値の中に含む場合に便利です。

例 4-5. 設定ファイル

foo.conf:

pageTitle = "This is mine"bodyBgColor = "#eeeeee"tableBorderSize = "3"tableBgColor = "#bbbbbb"rowBgColor = "#cccccc"

index.tpl:

{config_load file="foo.conf"}<html><title>{#pageTitle#}</title><body><table><tr><td>First</td><td>Last</td><td>Address</td></tr></table></body></html>

index.tpl: (異なる書式)

{config_load file="foo.conf"}<html><title>{$smarty.config.pageTitle}</title><body><table><tr><td>First</td><td>Last</td><td>Address</td></tr></table></body></html>

出力: (どちらの例も同一)

<html><title>This is mine</title><body><table><tr><td>First</td><td>Last</td><td>Address</td></tr></table></body></html>

変数は、設定ファイルから読み込まれるまで使用できません。 詳細はconfig_loadの項で説明します。

ページ上段