Smarty マニュアル

前のページ

次のページ

第 10章デバッギングコンソール

Smartyにはデバッギングコンソールが用意されています。このコンソールはインクルードされた全てのテンプレートについての情報と、定義されている変数及び設定ファイルの変数の値を表示します。デバッギングコンソールを表示するために使用されるテンプレート"debug.tpl"は、Smartyのディストリビューションに含まれています。$debug_tpl(デフォルトではSMARTY_DIR内にあります)に"debug.tpl"のテンプレートリソースのパスを示す必要がある場合は、$debuggingを"true"に設定します。ページを読み込む時にjavascriptによる新たなコンソールウィンドウが現れ、インクルードされたすべてのテンプレ ートの名前と定義されている変数の値を表示します。特定のテンプレートに有効な変数を調べる場合は、{debug}関数を参照して下さい。デバッギングコンソールを無効にするには、$debuggingを"false"に設定します。また、$debugging_ctrlによってurlの中に"SMARTY_DEBUG"を含める事で一時的にデバッギングコンソールを有効にできます。

テクニカルノート: fetch() APIを使用している場合はデバッギングコンソールは動作しません。display()の場合のみ使用できます。このコンソールは、生成されたテンプレートの終わりに追加されるjavascriptの集まりです。もしjavascriptを好まないなら、希望の出力になるようにdebug.tplを修正して下さい。デバッグ情報の表示はキャッシュされず、デバッギングコンソールの出力にはdebug.tpl自体の情報は含まれません。

注意: 各テンプレートと設定ファイルの読み込み時間は小数点第5位までの秒で表されます。

ページ上段