「孤児」になった PEPr の提案

Prev

Next

「孤児」になった PEPr の提案

Edited By

Tobias Schlitt

このドキュメントは、PEAR のTobiasSchlitt によっておこされた PEPr での投票にもとづくものです。目的は、「孤児」になったPEPr での提案についての対応方法を決めることです。

そもそもの問題

以下のような状態が、しばしば発生します。

・PEPr の提案が、途中の段階で止まったままになる。

・PEPr の提案が受け入れられたにもかかわらず、そのパッケージが登録/リリースされない。

対応

これらのふたつの場合について、PEAR QA は提案者に連絡を試みます。提案者がもうその提案に対する興味を失っている場合は、PEAR QA がそのパッケージの新しいメンテナを探すか、あるいはその提案を削除しなければなりません。

これらの場合について、以下の期限を提案します。

・"draft" あるいは "proposal" の段階の提案については、

・一週間の間に何も動きがなければ、PEAR QAがコメントを投稿します。

・それに対して二週間以内に提案者からの反応がなければ、その提案は削除されます。

・"finished" の段階の提案については、

・提案が終了してから四週間たってもリリースされない場合は、PEAR QA がメンテナに連絡を試みます。

・それから四週間以内にメンテナと連絡が取れなかった場合は、PEAR QA は新しいメンテナを探します。

・それから四週間以内に新しいメンテナが見つからなかった場合は、その提案は「孤児」であるものとします。

「孤児」であることを表すしるし

終了した提案については削除せずそのままにしておきますが、「孤児」であることを記しておきます。このしるしの内容は以下のようになります。

・提案の名前の後に [QA-ORPHAN]というタグを追加します。

・提案の本文の先頭に、以下の文章を追加します。"This proposal has been marked orphanby PEAR-QA on <DATE> because of the inactivity of theproposer. This means, that the proposal is invalid fromthis date on. If you have a similar proposal or want tore-activate this proposal, feel free to create a new PEPrproposal for it."

ページ上段