1991年の秋、市民団体の葬送の自由をすすめる会が相模灘で遺灰を海にまく自然葬を行いました。
その行為について法務省は葬送のための祭祀で節度をもって行われる限り問題はないという公式見解を出しました。
また、厚生省も墓埋法との関連についてこれを容認するという立場を表明、自然葬は現在の法律にふれるものではないということが明らかになりました。
スポンサード リンク