お彼岸は悟りの世界(彼岸)に渡ることを願い、日ごろの行いを慎む期間とされてきました。
春の彼岸は春分の日を中日として前後3日、秋の彼岸は秋分の日を中日に前後3日です。
また、お盆は先祖の霊が年に一度帰ってくる日です。
お彼岸のときは彼岸入りまでに仏壇・仏具をきれいに掃除して花や供物をそなえ、お墓も掃除しておきます。期間中はお灯明・線香を絶やさず、家族でお墓参りもします。
お盆のときは、精霊棚に精進料理をそなえます。
スポンサード リンク