数珠はお釈迦様の代わりとなるものです。
数珠の数は百八煩悩の数にちなみ108、その半数の54、その半数の27となっている。