命日には「祥月命日」と「月忌」があります。
祥月命日とは毎年めぐってくる故人が亡くなった日で月忌は毎月の故人が亡くなった日と同じ日です。
故人が亡くなって1年目の一周忌と2年目の三回忌は人を呼んで大掛かりに法要を営みます。
それ以降は関係の深い人だけにしぼっていくのが普通です。住職に読経してもらい順番に焼香、法話をしてもらってから一同で墓前に行ってお参りします。
スポンサード リンク