■仏教の納骨法要
仏教では、納骨時に納骨法要を行います。
新しくお墓を建てる場合には、ふつうは納骨に合わせてお墓を建てることが多く、納骨法要は開眼法要を兼ねた形で行われます。
既に先祖を祀っているお墓や生前に建てたお墓に納骨する場合には、納骨法要のみを行います。
生前にお墓を建てて開眼法要をしていない場合は、納骨時に開眼
法要を兼ねて納骨法要を行います。

■開眼法要を兼ねる場合
開眼法要を兼ねて納骨法要を営む場合は、開眼法要に納骨法要の部分が加わります。
1.参列者を決める
家族や親戚のほか、故人と親しかった人たちにも出席してもらいます。
2.お墓を清掃する
お墓の周囲の雑草やごみを掃除します。墓石も清めます。
3.墓前に供え物をする
基本的には開眼法要と変わりませんが、供え物には故人の好物も加えます。
4.本堂で読経と焼香を行う
参列者全員が本堂に集まります。仏前には遺骨が安置され、読経が行われます。
僧侶の指示で、故人との血縁の濃い順、縁の深い順に、全員が焼香をします。
5.墓前での法要
墓前で、お墓の開眼法要と納骨法要を行います。
6.納骨
石材業者が納骨室の入り口の石を取り外し、納骨します。
7.読経と焼香
僧侶の読経の間に、参列者全員が再び焼香をします。
8.会食をする
開眼法要の場合と同じです。
生前に建てたお墓での納骨法要では、墓石に刻んである戒名などから、事前に朱色を取り除いておきます。
刻字に濃紺などの色を入れる場合には、事前に入れておきます。
三回忌くらいまでの納骨では、遺族はまだ喪服の場合も少なくありません。平服の場合は黒っぽい地味なものにします。

■神道の埋葬祭
お墓の周囲に青竹を使った忌み竹を立て、注連縄を張りめぐらします。お墓の前に銘旗(故人の姓名・官位などを記した旗)を立て、榊や花を供えます。銘旗の前には小机で祭壇を作ります。
神職が穢れを祓い清め、餞(食べ物)を供え、祭詞を奉上したあと、血縁の濃い順に玉串を奉奠します。
神職には「御祭祀料」を包みます。

■キリスト教の納骨式
カトリックでは神父が、プロテスタントでは牧師が立ち会い、祈梼のあと、遺族・近親者が聖歌(讃美歌)を歌います。
献香や献花が行われることもあります。
神父(牧師)には「御礼」を包みます。
スポンサード リンク