納骨堂とお墓の違いをひとくちに言えば、納骨堂は「遺骨を預け、保管してもらう施設」であり、お墓とは「遺体や遺骨を収蔵する施設」ということになります。お墓を建てるまでの間、一時的に預けておくところと解釈している人もいるかもしれませんが、東京では墓地不足の祈りから納骨堂をお墓の代わりにして永代納骨をする人も少なくありません。
墓理法では墓地以外への遺骨の埋蔵を禁じていますが、納骨堂は土のなかに埋めるわけではないのでなんら問題なく納めることができるのです(ただし都道府県知事により納骨堂としての許可を受けているところでなければいけません)。
また、お墓を建てるときには「永代使用権」を取得しますが、納骨堂にお骨を預けるときは、「遺骨の寄託契約」といい、納骨堂という建物のなかに預かってもらう権利を取得するという違いがあります。しかし上に述べた永代納骨の場合、ロッカー式の納骨堂であればそのスペースの使用権を取得して遺骨を納めるのですから法律的には納骨堂ではなく「お墓」とみなされます。納骨堂にはロッカー式のものをけじめ、上段には仏壇、下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇、また納骨堂の建物のなかに墓石を置くものなど、いろいろなタイプのものがあります。もはや遺骨が土に返ることはかないませんが、こうしたものすべてがお墓の代わりになっているというわけです。
スポンサード リンク