書体は自由に選べるうえ、自分で書いたものでも刻めます。
文字は書体によって異なる場合がありますが、どの書体でも正字を使うようにします。
正字は旧字体と呼ばれる康煕字典体の文字のことです。
彫る深さは文字の太さがよいとされます。
スポンサード リンク