竿石には様々な加工様式があります。
■スリン加工
仏石に座布団を敷いたような形です。
■蓮華加工
蓮の花を擬したもの。
■亀腹加工
亀甲を模した形で、仏教絵図に見られる縁起の動物である亀の背に仏石を祀る形です。
■額縁加工
位牌に擬した形で、仏石の正面に額縁の輪郭の加工を施しています。

■中箱加工
仏石頭に施す箱形の加工です。特に由来はありません。
■猫足加工
石の花台とし、上に仏石を祀ります。
■大名型加工
石の屋根型笠を仏石の上に置きます。一般的には額縁加工と共に加工されます。
■水垂加工
水切り加工とも言い、上台に加工を施して、仏石の水切り状態を保ちます。
スポンサード リンク