庶民がお墓を建てるようになったのは、江戸幕府が檀家制度を敷いてからのことですが、当時のお墓は個人墓か夫婦墓がほとんどでした。今でも地方の寺院墓地には、一族の墓がいくつも建っているところがあります。また、明治時代になって家族制度が導入されるとお墓は本家、分家といくつにも枝分かれして増えていきました。
ところが時代が移り、現代になると少子化などによってお墓を引き継ぐ人がどんどん滅っています。当然、いくつもある昔からのお墓をひとりで管理するというケースが多くなってくるわけですが、それでは経済的にも大変な負担になるのはあきらかです。
そこでお墓をひとつにまとめようということになります。数ヵ所に分散しているお墓をまとめて新しい墓地にお墓を建てようとする場合、古いお墓それぞれについて改葬手続きを取り、「お魂抜き」をしたうえで新しいお墓に移します。もちろん、新しいお墓に納骨するときには入魂式をする必要があります。また、同じ墓地内にいくつもあるお墓をひとつにまとめ、新しい墓を建てるときには改葬許可証はいりません。しかしその場合も「お魂抜き」などの儀式を行うことは同じです。
古い墓石は、新しいお墓を造るときにその基礎に使うという人もあるようですが、どのように使うかは石材店と相談して決めるとよいでしょう。
スポンサード リンク