お墓の相続については、法律的には特別な手続きをする必要はありません。前の使用者が指定した場合も、慣習あるいは家庭裁判所の裁定によって承継が決まった場合も変わりはなく、仏壇や仏具についてもそのまま受け継ぎます。
ただ、お墓がある霊園や寺院などには永代使用権の所有者が代わったことを届け出る必要があります。なにもせずにいると、毎年支払う必要がある霊園・墓地の管理科の請求先が分からなくなってしまうからです。たとえば都立霊園の場合、お墓を承継するときには知事の承認が必要であるということが都霊園条例によって定められており、すみやかに知事の承認を受けたうえで墓地の使用許可証の書き換えをしなければなりません。
また寺院墓地を承継した場合は、お墓だけでなく檀家としての務めも一緒に受け継ぐことになります。お寺にはお墓の承継者が代わったことを届け出ることにより、これ以降、檀家としての扱いを受けます。
しかし、お墓を承継した人が他宗派に改宗したり、お墓は承継するけれど檀家としての地位は拒否するといった場合、お寺によっては墓地の利用を拒否されることもあります。そのようなときは、新かに墓地を求め改葬せざるを得ないことも考えられます。
スポンサード リンク