お墓をだれかに譲ったりすることはできません。第一に、お墓の権利とは所有権ではなく墓地の使用権なのです。勝手に処分したりすることは許されていません。墓地には公営墓地、民営墓地、寺院墓地がありますが、公営・民営の墓地では墓地管理規則で譲渡を禁止しているところが多いけずです。都立霊園では、「都霊園条例」によって墓地を他人に貸したり譲渡したときには使用許可を取り消す規則があります。また、寺院墓地も一般的には譲渡を認めないようになっています。しかしなかには例外的なところもあるようなので、その点は墓地管理事務所に問い合わせてみるべきでしょう。
改葬するなどしてお墓が不要になった場合は管理者に返すことになります。いずれの墓地も、使わなくなった墓地は原状復帰といって、墓石などを完全に撤去し、お墓を建てる前の状態に戻してから管理者に返すことになっています。寺院墓地のなかには、原状復帰をしたうえに次の使用者をみつけて新しい檀家にならなければ返却を認められないところもあるといいます。
では永代使用料として支払っていたお金は戻ってくるのでしょうか。この点については、各霊園の規則によります。都立霊園の場合、使用料は返さないのが原則ですが、都知事が理由を認める場合にかぎって全額または一部が返還されることがあります。
スポンサード リンク