お墓を移す、つまり改葬するときには古いお墓からお骨を引き上げなくてはなりません。もちろん自分の家の墓だからといって勝手に墓をあげいてよいはずはなく、菩提寺の住職に立会ってもらう必要があります。このときに行うのが「お魂抜き」(閉魂法要)といいます。
お墓を新しく建てたときには「お魂入れ」(開眼法要)をしてからお骨を納めます。墓石という単なる石材も、この儀式を行うことによって初めてお墓としての意味を持つようになると考えられているからです。
そこでお墓を閉じるときにはふたたび魂を抜いて、もとの石に戻してやる必要があります。「お魂入れ」のときには親類縁者にも集まってもらい、にぎやかに行うことが好ましいとされていますが、「お魂抜き」の法要では菩提寺の住職にお経を読んでもらい、身内が供養するくらいですますことが多いようです。実際には住職に読経してもらいながらカロート内のお骨(お骨がない場合は茶碗一杯くらいの土)を取り出すという作業になります。
スポンサード リンク