一般に、古くなった墓石を処分するのは石材店の役目です。お寺によっては「お魂抜き」をした後「棹石」と呼ばれる、いちばん上にのっている墓石を墓地内にある無縁塔に積み重ねて供養するところもあります。
墓所に余裕がある場合、改葬などで使わなくなった石は新設した墓の裏に並べたり基礎にしたりすることもあります。
また、古くなった塔婆は年忌法要を重ねるにつれて増えていくので、古いものから処分します。そのやり方は献花と同じでよく、寺内の決められた場所に捨てます。法要を控えている時期などは新しい塔婆がすぐに入るので、あらかじめ処分しておくようにするとよいでしょう。塔婆立てはいつもスペースに余裕をもたせておきたいものです。
スポンサード リンク