都会に暮らし、都会で働く人が多くなるにつれて地方では過疎という、お墓にとっても深刻な問題が生じています。故郷のお寺には先相代々の墓があっても、跡を継ぐ人間が都会に出て行ってしまったためにお墓の維持・管理をする人かいなくなり、そのままでは無縁墓になってしまうのです。
そこでお墓を都会に近い霊園に移すという作業が必要になってきます。いちど埋蔵・収蔵したお骨を他のお墓に移すことを「改葬」といいますが、その手続きについてはやはり「墓埋法」の規定があります。まず、新しいお墓の管理者(お寺や霊園など)から「受け入れ証明書」を発行してもらいます。次に古いお墓の管理者から「埋墓証明書」を発行してもらい市町村役場に申請して、「改葬許可証」の公布を受けます。そして改葬許可証をふたたび古いお墓の管理者に提示して、住職にお墓を引き払うための供養をしてもらいます。これが「お魂抜き」と呼ばれるものです。
古いお墓に納めていたお骨は、すでに土に返ってしまっているかもしれません。そんなときにその土を新しいお墓の納骨棺に入れます。新しいお墓にお骨を納めるときには、まず改葬許可証を管理者に提出し、そのうえで改めて納骨の供養をしてもらい新しい墓籍簿に記入します。これで、晴れてご先祖様も新しいお墓に落ち着くことができるのです。
スポンサード リンク