1.墓石
2.花立て
3.水鉢
4.香立て
5.ろうそく立て
6.拝石(敷石)
7.墓誌
8.卒塔婆立て
9.外柵(境界石)
10.灯籠
11.手水鉢
(つくばい)
12.物置台
13.化粧砂利
付属石製品
■墓石
竿石、上台石、下台石、芝石の4個の石で構成する場合と、芝石を省いて3個で一対にする場合とがあります。
付属品として花立て、水鉢、香立てがあります。水鉢は別建てにせずに上台石に直接彫り込むこともあります。

■花立て・水鉢・香炉
花立て・水鉢・香炉は墓石の前に設置されます。花立ては水鉢を挟んで左右に一対設けます。

■拝石・敷石
お墓の入口と墓石を結ぶ通路になるのが敷石です。敷石は敷板石、縁石とも呼ばれます。墓石の手前には一回り大きい拝石を埋めます。

■墓誌
合祀墓によく見られます。そのお墓に埋葬されている先祖の記録誌として建てられます。霊標、戒名板、法名碑などとも呼ばれます。片面のものと両面のものとがあります。一人一人の戒名、没年月日、享年、俗名などを刻みます。
一代墓でない限り、石碑(仏石)に戒名法名を連記することは避けるべきです。

■塔婆立て
墓石の後ろにある、卒塔婆を立てる台です。

■灯籠
墓所全体に対しての献灯。

■供物台
自然石やテーブル型などがあります。

■名刺受け・供物台
名刺受けや供物台、灯籠、塔婆立てなどの付属品もありますが、全てを揃える必要はありません。お墓のスペースや予算に応じて考えましょう。

■納骨棺
遺骨を納める納骨室のことです。唐櫃(カロウド、一般的にカロート)とも呼ばれます。
関東地方、九州地方は骨壷のまま納棺しますが、中部・関西・中国地区などでは焼骨を土に還す形を取ります。このため関東地区等の納骨棺は一定規模の容積が必要となります。骨壷が大きな地域では地上式の納骨棺が普及しています。
■境界石・外柵
隣接するお墓との境界をはっきりさせるのが境界石と外柵です。境界石は巻石、境石などとも呼ばれ、流水などを防ぐ役目もします。一般的には簡単な延べ石を敷きます。他には、入口を設けたっもの、高さ数10cmの舞台式、階段式などがあります。門柱や玉垣と呼ばれる外柵をつけた豪華なものもあります。

■外柵(境界石)
巻石、境石などとも呼ばれます。隣接するお墓との境界をはっきりさせるとともに、流水などを防ぐ役目もします。
通し階段型
地付葛、基壇式
前面階段型
スポンサード リンク