■永代供養墓とは
永代供養墓とは、一生涯独身の人や子供のいない夫婦など、お墓を承継させることができない人のために、墓地などを提供し、管理・共養はすべて寺院や霊園側が永代にわたって行うお墓です。お墓の承継者のいない人は、無縁になるという理由でお墓を手に入れにくいという事情があるために、お墓の後継者がいない人たちもお墓を利用できるようにしたものです。

■永代供養墓の内容
永代供養墓は墓地を提供し、管理・供養はすべて寺院や霊園側が永代にわたって行うものですから、お墓の永代使用権 と管理・供養とがセットになったものだと考えればよいわけです。永代の意味やどの程度供養してもらえるのかは、経営主体によってさよざまですから、契約のときによく内容を確認しておくべきです。
永代供先墓の中には、葬儀もセットにしたものや会員制形態をとることによって親睦を図り、死後は会の共同墓所へ埋葬して、残った会員が供養するというものもあります。

■永代供養墓の形態
永代供養墓には、通常の墓他のように一区画ごとに墓石を建てるもの、古墳型の合葬陵に合葬するもの、納骨堂を利用するもの、などかあります。通常の墓地のように区画を設けているものについては個人用と夫婦用が主で、墓石もあらかじめ決まった形のものが多いようです。

■永代供養墓の費用
合墓陵に合葬するものと納骨堂を利用するものについては、墓石代がない分だけ費用は安くなリます。永代供養墓の料金の内訳としては、永代使用料、永代管理料、永代供養料、墓石料ただし合葬陵に合葬するものと納骨堂を利用するものについては不要、開眼・納骨費用、遺骨の引取料などがあります。
スポンサード リンク