ひとつは「永代供養墓」を利用する。これは、霊園や寺院が管理・供養するというもの。
もうひとつは「共同墓」を利用する。これは同じような事情を持つ人々が集まり会員が供養してくれるというものです。