■費用の内訳
お墓を手に入れる場合、墓地の経営主体からお墓の使用権を取得するための永代使用料、外柵や墓礎工事費などの墓所にかかる費用、墓石やその他の付属品にかかる費用、お墓を作った後の管理費、などがあります。寺院墓地であれば以上に加えて、護持費や入檀料などが必要な場合があります。永代使用料については、使用する墓所の広さによって値段が違いますし、墓石も寸法・形・石の種類などによって値段が違います。墓地によっては、一定の規格の墓石しか設置できなかったり、申し込み取次店として石材店が指定されて、その石材店から墓石を購入する契約と使用権を取得する契約とが一体化されている場合もありますので、よく注意してください。

■お墓の費用
お墓にかかる費用がいくらくらいかはさまざまですが、まず永代使用料が一平方メートル当たり一〇万円から三〇万円程度、管理科が一年当た一OOO円から七〇〇〇円程度、というところが多いようです。つぎに墓石ですが、一般的な墓石で外柵や工事費を含めて二〇〇万円から四〇〇万円程度、高級な墓石になると八〇〇万円から一〇〇〇万円以上まであるようです。 一般に民営霊園で設定されている霊園の区画は二平方メートルから七平方メートルくらいまでありますから、民営霊園で四平方メートルのお墓を手に入れる場合を考えてみますと、以下のような費用がかかることになります。
永代使用料 八〇万円
墓石代(工事費等を含む) 三〇〇万円
その他のオプション 数十万円
管理料 年間五〇〇〇円
ですから、民営の霊園で四平方メートル程度のお墓を手に入れようとすると、少なくとも合計四〇〇万円くらいはする計算になります。公営霊園ですとこれよりも割安になる場合が多いと思いますが、公営霊園は空きがなかったり、あるいは募集していても競争が高いので、なかなか手に入れにくいという難点があります。寺院墓地の場合には、寺院によって価格がさまざまなので、一般的に高いとか安いとかはいえませんが、お墓を手に入れた後の檀家としての義務なども考えなくてはなりません。

■霊園広告の注意点
新聞折込み広告で霊園の広告をよくみかけますが、なかには永代使用料の価格だけ、あるいは墓石の価格だけを表示してそれだけの費用でお墓を手に入れられるかのようにみえるものもあるようです。 ですから、広告をよく読んで、永代使用料、墓石代、外柵代、工事費の合計がどれくらいになるかは自分で計算してみる必要があります。
スポンサード リンク