人が亡くなった場合、遺体処置や遺骨埋葬方法などは「墓地埋葬等に関する法律(墓理法)」で詳しく決められています。昔の田舎ではよくあった住居敷地内での墓が、現在ではほとんど見られないのもそのせいです。
いくら広い庭があっても、勝手に埋葬することはできないと墓理法で決められています。所有の山林の場合でも同様です。埋葬できる場所は、都道府県知事の許可を受けた墓地だけとなっています。
墓理法では土葬も許されています。しかし実際的な問題としては、墓地の敷地の問題だけでなく衛生面の問題からも土葬は困難になっています。とくに都市部などでは土葬を禁じる条例を持つ自治体の数は多く、ほとんど不可能になっています。
法律では遺体の火葬は義務づけられていますが、遺骨については埋葬場所が決められているだけです。
つまり遺骨のまま自宅に安置していても、寺などに預かってもらっていても法律的には問題はないわけで、その意味では墓地は絶対に必要というわけではありません。
とはいえ、墓は宗数的なものと断定するわけにはいきません。お墓とは、故人の霊を供養し、生きた証を記録するものと理解し、お墓を大事にすることは自分白身を大事にすることにも繋がっていきます。
スポンサード リンク