都内で交通の便がよく、周囲の環境も良好、価格もお手ごろ。こんな墓地があれば、だれでも飛びつくでしょう。しかし都立霊園の場合、青山(港区)、雑司ヶ谷・染井(豊島区)、谷中(台東区)はすでに満杯、募集はありません。都下の多磨、小平、八王子でも募集数は左の表の通り、ごくわずかです。これに対してお墓の需要はどのくらいあるのでしょうか。厚生省の人□問題研究所によれば、年平均で8万人が亡くなっているというデータがあり、墓地不足は決定的と言ってよさそうです。
また、同じ都会でも関西になると事情は少し違うようです。大阪市の場合、やはり市内に墓を持つのは難しいことには変わりはないのですが、公営霊園などは余り気味だということです。
スポンサード リンク