神社では普通墓地を所有していません。神式でお墓を建てる場合は公営や民営の墓地を購入する必要があります。
お墓の基本的な構成は、仏式と同じく、墓石、納骨棺(カロート)、境界石、玉垣、花立て、霊標などで構成されています。ただし神道では焼香を行いませんので、香炉は必要ありません。
墓石の形は、角柱型が基本となっています。これは、棹石が上部にしたがって細くなっているものです。頂上部は角兜巾型です。この形は三種の神器の一つ天叢雲剣を表しています。神道のお墓は神器そのものです。
神道では、戒名ではなく霊名を用います。霊名は姓名の下に之霊、命、命霊、霊位、大人、刀自などを付けます。

下台石の前に八足台を置く
正面に○○家奥都城と刻み、向かって右側面に、上段に○○家先祖代々と刻み、少し下がって初代からの霊名を刻む。
スポンサード リンク