お墓選びのポイント
■使用規則に従うことが必要
お墓の使用者はお墓を勝手に使えるのではなく、使用規則などに従う必要があります。
使用規則を守らなかった場合には、使用権を失うこともあり得ます。使用規則は、きちんと読んで理解しておくことが大切です。

■使用規則の内容
民営の場合の一般的な規則は次のような条項から成っています。
1.使用目的
2.使用者の資格
3.使用料
4・使用者が不明になった場合
5.承継者かいない場合
6.使用料を滞納した場合
7.埋葬・改葬・分骨の手続き
8.埋葬される者の制限
9.お墓を建てる期限
10.墓石などの制限
11.使用資格の喪失
12.使用権の承継

以上のような条項のほとんどは、ふつうにお墓を使用している限りは問題になることが少ない事柄です。
承継者かいない場合や使用権の承継、埋葬・改葬・分骨などは、そうした必要に迫られてから読んでも、遅くはない事柄です。
しかしお墓を建てる期限や墓石などの制限は、お墓を建てるために事前にぜひ読んでおくべき事柄です。
使用規則は、墓地の経営者と使用者との間の契約書であり、取得前に読んでおいたほうがいいでしょう。

■情報を集める
できるだけ多くの情報を集めましょう。お盆やお彼岸の頃に、集中的に新聞などに広告が掲載されたり、ちらしが入ることが多いようです。
そして実際に現地に足を運び、自分の目で確かめます。使用契約書などにもきちんと目を通します。

■交通の便は良いか
お墓は建てることに意味があるのではなく、お参りを続けることにこそ意味があります。
そのためにも、交通の便が良く、できれば住居から近い所が望ましいのです。
住居から遠くの墓地を選んだ場合、お墓参りが一日がかりになってしまうようでは、気軽にお参りというわけにもいきません。できれば半日ですむような、近い所を探したいものです。

■経営はしっかりしているか
墓地の経営状態は、一見しただけでは、なかなかわからないものです。古いお墓が多く、長く続いている墓地なら、まず安心できるでしょう。
直接現地に行って、現在使用している人に様子を聞いてみるという方法もあります。
新規開設の墓地の場合は、地方自治体の条例による基準を満たしていれば、「○○県指令公衛第○○号」などの許可番号が与えられるので、許可番号の有無を確認することも大事です。

■お墓参りが楽しい環境か
墓地として大事なのは、明るく清潔な感じです。お墓参りが楽しくなる、そんな環境が大切です。
1.日当たりが良い
日当たりの良いお墓は、明るい感じです。広々とした芝生の公園墓地などは、行楽気分も味わえる良さがあります。
ただし、墓石にとっては、紫外線によって石材の劣化が進むので、日当たりは過酷な条件ともなります。
もっとも、石材が劣化するとはいっても、材質の良い石材なら、何十年という長期間のことでもあり、それよりは気分よく墓参ができることのほうが大切だと考えることもできます。
大木の下などは、落葉樹なら夏は涼しげな木陰を作ってくれますが、落ち葉に悩まされたり、常緑樹なら日当たりを悪くします。また、木の根がお墓のカロートを傷めることもあります。
2.風通しが良い
3.水はけが良い

水はけの良し悪しは、雨の日に見るとわかります。低地にある墓地では、大雨で水没することもあるので、注意が必要です。
また、谷間にあったり、高い建物が周辺にあったりして日当たりが心配なときは、天気の良い日に様子を見ましょう。
4.平坦地である
平坦地が良いというのは、傾斜地だと造成がしっかりしていないと、地盤が崩れたりする危険性もあるからです。
造成がしっかりしていれば、平坦地にこだわることもないのですが、造成がしっかりしているかどうかを、素人が判断するのは難しいことも多いと思われます。

■造成がしっかりしているか
山の中腹にある墓地などは、眺めも良いし、墓地全体が変化に富んでいて、悪い環境ではありません。
しかし、傾斜地の場合は、造成がしっかりしている必要があります。自分のお墓の造成はしっかりしているけれども、上部にあるお墓の地盤が崩れて被害に遭うこともあります。
前述の水はけの良し悪しも、造成を見る手がかりとなります。

■共有部分の管理伏態は
お墓の管理は、自分の所だけ良ければいい、というものではありません。共有部分の掃除や除草などがきちんと行き届いていないと、墓地全体が荒れた感じになります。
また、管理がしっかりできていなければ、墓地そのものの維持にも不安が生じます。
既設の墓地の場合は、管理状態を自分の目で確認しましょう。

■適切な料金体系か
お墓の取料費(永代使用料)がいくらかも大事ですが、今後心要となってくる管理料や供養料なども、無理のない金額であることが大切です。
また、管理料や供養料などが、どこまでの範囲を含むのかも、確認しておきましょう。

■条件を確認する
墓地によっては、墓石の大きさや高さ、形などが制限されている場合があります。
また、墓石については制限がなくても、墓石などの石材の購入や据え付け工事に関しては、特定の業者が指定されている場合もあります。
公営墓地では業者を指定していることはほとんどありませんが、民営の場合はかなり多くの墓地が業者を指定しています。

■水桶、柄杓など備品の有無
墓参ではお墓の周囲を清掃し、花立ての水を替え、墓石に水をかけます。
水揚が要所にあり、手桶や柄杓が十分に用意されていることが必要です。墓石の汚れを落とすためには、たわしも要ります。
花は持参して行くことが一般的ですが、線香などは管理事務所などに用意されていると便利です。
ゆったりとお墓参りをするには、休憩施設も必要です。トイレやベンチも要所要所に欲しいものです。
車で墓参する入のために、適度な駐車スペースも必要です。

■寺院墓地は宗派も確認
寺院の境内墓地は、その寺院の檀家にならなくてもよい所も増えていますが、檀家になる必要がある所も少なくありません。
宗教・宗派は不問、としている寺院の場合でも、また、檀家になっていない場合でも、法要は、その寺院の属する宗派によって行われるのがふつうです。
檀家になる必要のある墓地の場合、宗旨替えをしたりすると、お墓の使用ができなくなるおそれがあります。
宗教にあまり関心がない場合、儀式の違いや、読まれるお経の違いなどには気がつかないことも多いでしょう。
また、寺院が経営する公園墓地で、宗派を問わない場合でも、その寺院の宗派以外の僧侶などを呼んで、法要をしてもらうことはできないのがふつうです。
檀家にならなくてもよい墓地を選ぶ場合でも、檀家として拘束されるのを避けたいという場合が多く、宗教なしでよい、というわけでもありません。
檀家でなくても、その寺院の宗派について、概略だけでも知っておいたほうがよいでしょう。
スポンサード リンク