気持ちの充実が運を呼び込む

このタイプの人は、落ち込んでいると、幸運を逃しやすく、小さな不運を続けてまねきやすいといえます。

たとえば、外出してスリにあい、ガッカリして家に戻ると、今度は空巣に入られていたというような、イヤなことが続いて起こりやすいのです。

ただしこのタイプの人は、物質的な運にはあまり意まれないものの、精神的な運は強いものがあります。ですから、自分の気持ちさえ充実していれば、多少の物質的な不運も気にとめる必要はありません。

しかし自分の気持ちに不安がある時、物質的な不運に見舞われると、かなり手痛い打撃を受けることになります。

つまり本人の意識次第で、小さな不運は乗り越えられるタイプといえるでしょう。

会社でも学校でも家庭でも、楽しさを実感している時やものごとに打ち込んでいる時には、不運も素通りしてしまいます。友人や恋人とも、何の不満なくすごせるはずです。ところが、暗い気持ちになったり、何かする時、迷ったりすると、不運に見舞われてしまいます。勉強や仕事であれこれ迷って、やっと成しとげても、その時には周囲の状況がガラリと変わってしまって、結果的には大失敗ということもあるのです。

戻る