安うけあいは後悔のもと

あなたは、ものを頼まれると何でも「はい」と安うけあいする傾向があります。そして、つまらないことを引き受けてしまった、と後で困ったり、苦しんだりしがちです。

これは、人に対して面と向かって「ダメ」と言えない、あなた自身の性格の弱さから出ているものです。

しかも、多少見栄っぱりで、人に対して格好のよさを印象づけようとする背のびした気持ちもあります。それでもはじめのうちはどうにかうちとけていますが、しばらくすると、周囲の人たちから信用を失ってしまう危険があります。

あなたは、もっと自分の気持ちに素直にならなければいけません。ダメなものはダメ、できることはできると、はっきり主張すべきです。

せっかく好印象を与えるよい人柄なのに、その人柄まで自分自身でキズつけてしまうことにもなりかねません。一度周囲の人たちに、安うけあいをする人間だという印象を与えてしまうと、なかなかそのイメージを変えるのはむずかしいものです。

あなたの素直な人柄をもっともっと出すようにしましょう。

戻る