冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

女性のフォーマルウエアールール

洋装
夜の正装
夜の略装







イブニングドレス
えりぐりのあいたそでなしロング丈ドレスで、正式には無地。いわゆる「宮中晩餐会」スタイルで、日本の披露宴では、着るとしても媒酌人夫人と母親くらい。
カクテルドレスなど
そでのついたロングドレス、マキシ丈のドレス、ドレッシーなブラウス+ロングスカートなど。





宝石を豪華に使つ。
宝石など光るものを使う。




手袋はひじ上丈。帽子はかぶらないが、宝石のティアラや花をつけることも。
カクテルドレスにはひじ下丈の手袋を。帽子はかぶらない。





金、銀、布製の小型。
金、銀、布製のほか、エナメルやビーズも可。
金、銀、ドレスと共布のパンプスまたはバックベルト。
昼の正装
昼の略装







アフタヌーンドレス
光らない布地でそでつきのドレッシーなワンピースかスーツ。正式にはロング丈。
ワンピース、スーツなどエレガントなデザインが条件となるが、「改まった外出着」の感覚で選べばよい。スカート丈はノーマルまたはミディまでとし、ロングにはしない。





パールなど光らないものかコサージュが正式。




手袋は必要ない。帽子もかぶらなくてよいが、教会の結婚式のときは礼装用帽子が必要。
手袋、帽子は必要ない。





シルク、ベルベットなど布製の小型。
ドレッシーな小型。ショルダーバッグよりは手さげタイプを。
サテンまたはパールの入った革のパンプス。
革のパンプス。バッグとペアにしても。
和装
ミセスの正装
ミスの正装

留めそで
黒地(黒留めそで)または色地(色留めそで)のちりめんに五つ紋染め抜き。
振りそで
そでの長さにより、本振りそでと中振りそでが。柄ゆきは現代では多様化している。白の半えりに重ねえりが多い。
金、銀、白地の袋帯。
錦織の袋帯。






白のりんずか羽二重の帯揚げ。帯締めは同素材の丸ぐけか金銀の組ひも。
帯揚げは総絞りの色物。帯締めは金、銀、ぼかしなどの平打ち、丸打ち、唐組など。


末広(扇子)は黒塗りに金銀の地紙か白扇。バッグと草履はアンサンブルが基本で、金、銀、錦地など。コートは長めの丈で、ベルベット、ちりめんの無地か地紋の織り出し。
バッグと草履は金、銀、錦地、エナメルなど。草履はかかとが高め。
正装〜略礼装
略礼装

訪問着
生地はちりめんやりんずなど。柄はすそ、左胸、そでに入り、いずれもぬい目で模様が正しくつながっている。
色無地
染め抜きの一つ紋、またはぬい紋をつけると略礼装となる。帯の格でさまざまなシーンで着られる。
つづれ、錦織の袋帯または名古屋帯(巻きつける部分は半幅に仕立ててある帯)。
袋帯、織り名古屋帯、格の高い染帯など。






正装の場合と同じ。
帯揚げはりんずか絞りの色無地。帯締めは正装の場合と同じ。


バッグと草履は礼装用アンサンブルの金、銀、錦地か、エナメルなど。
略礼装

つけさげ
肩山、そで山から前後に模様を上向きに型染めした「つけさげ模様」の意味。
江戸小紋
江戸時代の武士の裃(かみしも)の文様として発達したもので、単色染めでこまかい図柄になっている。遠目には無地に見えるような鮫小紋、霰などは格が高く、礼装向き。
袋帯、織り名古屋帯、格の高い染帯など。
格式ある披露宴なら、袋帯か織り名古屋帯。気軽なパーティーならいわゆる「おしゃれ帯」でOK。






帯揚げはりんずか絞りの色無地。帯締めは正装の場合と同じ。


バッグと草履は礼装用アンサンブルの金、銀、錦地か、エナメルなど。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科