冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

男性のフォーマルウエアールール

洋装

夜の正装
燕尾服
夜の略装
タキシード









ドスキン、カシミヤなどの黒または濃紺。ズボンは2本の側章が入り、白サスペンダーでつる。ベストは白ピケまたはシルク。
タキシード用布地の黒または濃紺で、えりには拝絹をかける。ズボンには側章を1本つけ、黒のサスペンダーでつる。カマーベストまたはカマーバンドを着用。招待状に「ブラック夕イ」とあったら、タキシード着用でという意味。



ウイングカラーのフォーマル用シャツ。
フリルやプリーツの飾りのあるドレスシャツ。

白ピケの蝶ネクタイ。
黒または濃紺の蝶ネクタイ。
黒エナメルのプレーン・トウまたはリボンつきのオペラパンプス。エナメルの靴をはくのは、女性と踊るときに靴墨でドレスを汚さないため。




白かグレーの鹿革の手袋、スタッドとカフスボタン白蝶貝など。ポケットチーフは白絹または麻のスリーピークスだたみ。
カフスボタンなどの小物はオニキスや黒蝶貝など黒で統一するのが決まり。

昼の正装
モーニングコート
昼の準礼服
ディレクタースツ等









ドスキン、カシミヤなどの黒無地の上着。白かグレー×黒の縞のズボンを黒サスペンダーでつるが、縞が太いほど若向き。ベストは、上着と共布か、慶事なら白、グレーを。
素材、色柄はモーニングコートと同格だが、上着はブラックスーツ的な形。一つボタンが正式。


白の麻または綿のウイングカラーかレギュラーカラー。
白の麻または綿の立ちえりが普通えり。

アスコットタイまたは慶事用ネクタイの結び下げ。色はシルバーグレーか白×黒の縞。
白×黒の縞やシルバーの慶事用ネクタイ。
黒のひもつき革靴。




金、銀、パール、蝶貝などのカフスボタン。手袋は白またはベストと同色の鹿革だが、使わなくてもよい。ポケツトチーフは白麻のスリーピークスだたみ。

略礼装(昼夜)
ブラックスーツ
略装(昼夜)
ダークスーツ









タキシードクロス、カシミヤ、ウーステッドなどの三つぞろえ。ベストはグレーでも。ダブル、シングルは問わないが、えりはピークトラペルで一つボタンが正式。
黒っぽい色調のスーツ全般をさす。無地に近い柄のビジネス用でOK。格式が高い場合には向かないが、平日の夜やパーティー形式の気軽な披露宴、「平服で」と指定されたときに。


白のレギュラーカラーのワイシャツ。
白の普通えりのワイシャツ。パーティーならカラーや柄でも。

白やシルバーの慶事用ネクタイ。蝶ネクタイでもよい。
自由
黒の革靴。スリッポンでもOK。
黒の革靴が無難。




カフス、タイタックは昼間ならパール、銀など白いもの、夜なら金など光るものを。ポケットチーフは自然に丸めて入れる。
カフス類は特にいらない。ポケットチーフは適宜おしゃれ感覚で。
和装

正装、準礼服
紋付羽織袴
略式
紋付羽織袴

紋の数で格が決まり、五つ紋は正装、三つ紋は準礼装の格づけ。いずれも、羽織と長着(着物)は黒羽二重で、染め抜きで紋が入る。
無地風のお召しつむぎ。
仙台平などの地で、黒または茶の縞柄。
仙台平、博多平、つむぎなどの縞または無地。






西陣織、博多織の角帯。羽織ひもは白、丸打ちまたは平打ちのものを大名結びという結び方で仕上げる。
西陣織、博多織の角帯。羽織ひもは羽織と色を合わせる。




足袋は白、はき物は畳表で作った草履または雪駄。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科