冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お祝事の表書き

何度あってもよい祝い事には蝶結びの水引を使います。蝶の羽のように輪が二つあることから、重なる喜びをあらわし、日常のほとんどのお祝に使える用途の広い祝儀袋です。
蝶結びは、水引の端を引っ張るとすぐにとけるので「戻る、とける」ことを避けたい結婚や、二度と繰り返したくない弔事には使いません。
スポンサード リンク

一般的なお祝事に

濃い墨を使い、毛筆で書く。水引の上段には「御祝」、下段には姓名を記す。

小さく目的を添える

市販の「御祝」の表書きの右肩に「御安産」「御入学」等と目的を書き添えてもよい。

祝い事を具体的にはっきりと

お祝いの内容を具体的に表書きに書き記してもよい。受け取る側の喜びも大きい。

七五三等の神社のお参りに

子供の名前で贈る。神社に贈るお礼なので祝儀袋にのしはつけない。のしは本来「のしあわび」のことで、「肴も添える」という意味がある。神社ではなまぐさ物をきらうのでつけないといわれる。

上棟式等に

新家屋の柱立てと棟上げを祝って上棟式を行うときは、建築主から職人さんたちへ「御祝儀」として現金を包み、棟梁へ渡す。建築主へのお祝は、「祝棟上式」「祝御上棟」等。

長寿のお祝に

長寿のお祝すべてに使える「寿福」や「寿」「敬福」のほか、「祝還暦」「寿古希」「喜寿祝い」「祝米寿」等、それぞれの年齢に応じた表書きを書く。

地鎮祭等に

上棟式、地鎮祭でおはらいをしてもらった場合は、神官に現金を包む。表書きは「御神饌料」または「地鎮祭料」として白封筒で。

出産等の内祝

出産のお祝をいただいたら、内祝いを贈る。のし紙に「内祝」と表書きして、下に子供の名前をふりがなを入れて記し、紅白の蝶結びの水引をかける。印刷したかけ紙でもよい。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科