冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

結婚する側の表書き

結婚する側が媒酌人やお世話になったかたへのお礼の品物や現金を包むときは、表書きは「御礼」とし、金額または紅白の水引を結び切りにします。
結婚式場や披露宴会場等でお世話になった場合の心づけとして、「寿」と表書きした祝儀袋を、多めに用意します。
スポンサード リンク

媒酌人へのお礼に

表書きは「御礼」または「寿」とし、両家の連名または新郎新婦の名前を書く。式当日でなく、後日あらためて持参する。

世話役等へのお礼に

司会、受付等重要な役をお願いした人に気持ち程度のお礼を贈るときは、表書きは「御礼」として両家連名で。

媒酌人、来賓への交通費として

媒酌人にはお礼とは別に、披露宴当日に交通費を渡す。表書きは「お車代」または「御車代」とし、両家連名で。遠方からの列席者への交通費は両家それぞれの姓を記す。

美容師等の心づけに

裏方として新婦の美容や着付け、車の運転等で手伝ってくれた人へは、「御祝儀」としてそれぞれの姓で。

披露宴会場等への心づけに

会場の責任者等へのご祝儀の表書きは「寿」とし、両家の連名で。

内祝の品に

結婚披露宴に招くことができなかった人からお祝いをいただいたときは、一ヶ月以内に内祝いの品を贈る。表書きは「内祝」とし、水引は紅白か金銀の結び切り、夫婦連名か、新しい姓を書く。

近所へのあいさつの品に

結婚したら近所にあいさつ回りをする。二人だけの新居なら表書きは「粗品」として夫の姓名を記し、水引は蝶結び。親の家に同居するときは親が同居するときは親が同行する。この場合の表書きは「寿」と、新しく家族となった者の名前を記し、水引は紅白の結びに。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科