冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

結婚祝いの表書き

結婚祝いを包む祝儀袋は、1回限りのお祝い事にしたいという願いを込めて、水引は結び切りかあわじ結びが用いられます。表書きは「寿」「御祝」などとし、濃い墨で贈り主の姓名を書きます。
祝儀袋は金額に見合ったものを選ぶことが大切で、中に包む金額が高くなるほど、袋も豪華にします。
スポンサード リンク

一般的なもの(印刷したもの)

「壽」の文字が印刷されたもの。水引は基本的なあわじ結び。あわび結びともいう。3万円位までに。

一般的なもの(直書きしたもの)

「御祝」と墨で直書きしたもの。お祝い事なので、墨の色は濃くする。

一般的なもの(目的を書いたもの)

祝い事の目的を明記したもの。「御結婚」を右上に小さく添え、「御祝」を中央に書いて二行にするとバランスがよい。

高額を包むとき(1)

高額を包むときは、檀紙の包みに豪華な水引をかけた祝儀袋を選ぶとバランスがとれる。短冊を利用するとよい。

高額を包むとき(2)

鶴の細工をあしらった金銀の豪華な結びの水引。5万円以上を包むときにふさわしい。

複数人で贈るとき

職場の同僚等大勢で贈るときは、袋には「○○一同」「○○有志」等と書く。別紙に、「寿」の文字の下に、目上から順に全員の姓名を書き、中袋に入れる。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科