冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

のしの知識

のしの本来の意味

祝儀袋の右上についている折形を「のし」といいます。本来は「のしあわび」といい、あわびを薄く伸ばしたものを使い、「肴も添えてお贈りします」という意味をあらわしたとされます。のしは「伸ばす」という意味を兼ね、慶事や祝い事では「縁を伸ばす」というので喜ばれますが、弔事には「引き伸ばす」という意味を嫌って、のしはいっさい使わないことになっています。

のしの種類

正式な贈り物には包み紙に水引をかけて「祈りのし」をつけますが、略式のときはのしと水引が印刷されているのし紙(かけ紙)を使ってよいことになっています。
「折りのし」には「真」「行」「草」ほかいろいろな種類があり、結婚には「真」を用います。
「印刷のし」には「判のし」「文字のし」「わらびのし」「松葉のし」「束ねのし」などもあります。
スポンサード リンク
折りのし
飾りのし
蝶花形
宝づくし
印刷のし
松葉のし
わらびのし
文字のし
判のし
結びのし
束ねのし
束ねのし
松葉のし
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科