冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

水引の知識

慶事、弔事は水引の色で区別

水引は贈り物やお金包みをしっかり結び止めるために使います。かつては細い帯状の紙を使っていたのですが、時代が下るとともに現在のようなこよりとなりました。慶事一般には紅白、金銀、金赤などが用いられ、本数は五本、七本、九本などの奇数。これに対し弔事一般には黒白、白銀、銀のみ、白のみを使い、本数は偶数にするのがしきたりです。

結び切りと蝶結び

水引は、結び方にも意味があり、結び切りは結婚や弔事など二度あってほしくないことに、蝶結びは出産や入学など何度繰り返してもよい祝い事に使います。

濃い色が右に

水引を結ぶときは濃い色を右、薄い色を左にします。紅白の場合「右紅左白」と覚えましょう。
スポンサード リンク
印刷のし
真結び
蝶結び
片わな結び
もろわ相性結び
老いの波
あわじ結び
あわじ返し結び
逆あわじ結び
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科