冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

葬儀・法要の表書き

不祝儀の袋の表書きは、故人の宗旨により異なります。仏式では「御香料」「御香典」を薄墨で書き、キリスト教式では「お花料」(プロテスタント)、「御ミサ料」(カトリック)、神式では「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」等となります。「御霊前」はいずれの場合も使えます。
水引は仏式と神式に使い、いずれも結び切りで、仏式は黒白または銀、神式は黒白、銀、白が一般的ですが、関西では黄、黄白を使うこともあります。昔は弔事の場合も「のし」をつけましたが、現在では使いません。
スポンサード リンク

ほとんどの弔事に

「御霊前」は宗教を問わず、ほとんどの弔事に使える表書き。故人の宗教がわからないときもこの表書きなら失礼にあたらない。

仏式の葬儀に

「御香典」のほか、「御香料」とも書く。蓮の絵柄の不祝儀袋は、仏式のみに使う。

神式の葬儀に

絵柄のない不祝儀袋に、白または銀、黒白の水引をかける。葬儀以外に神社にお金をおさめるときにも。

キリスト教式の葬儀に

十字架やユリの花が型押しされているものが市販されている。白い封筒に「お花料」と書いてもよい。「御霊前」も使える。

僧侶へのお礼に

お布施は通夜や葬儀に読経をお願いしたときの僧侶への礼。「御経料」としてもよい。白封筒で。

教会へのお礼

キリスト教式葬儀で、お花料の一部を教会に寄付したり、お礼をするときに。白封筒で。

神官、神父、牧師へのお礼に

神式の葬儀、祭事のときの神官への謝礼、キリスト教式葬儀の神父や牧師のお礼に。お世話になった病院関係者へのお礼にも使う。白封筒で。

手伝ってもらった人へのお礼に

葬儀の世話役、手伝ってくれた人たちへのお礼に。小型の不祝儀袋または白封筒で。目上の人への表書きは「御礼」とする。

仏式での法要に

法要に招かれたときのお供えの金品に。四十九日の忌明け法要当日から「御仏前」とする。

法要に、仏式、神式共通

法要に招かれたとき、お供え物にかわる金包みに。水引は黄白、黒白、黒銀、双白、青白などが使われる。

卒塔婆供養をする場合

法要で卒塔婆供養をしてもらうときの金品に。「御卒塔婆供養料」でもよい。

香典返しと配り物に

香典返しの品物の表書きは、どの宗教も「志」とする。仏式の水引は黒白か双銀の結び切り。印刷した掛け紙でもよい。「○○家」とする場合もある。

法要の引き出物に

法要の引き出物は「粗供養」とし、水引は黒白または双銀の結び切りかあわじ結び。印刷した掛け紙でもよい。「○○家」とする場合もある。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科