冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

表書きの書き方

慶事は濃墨、弔事は薄墨で

表書きは筆と墨で書くのが基本です。墨の濃淡で慶弔の区分をし、慶事はめでたさを祝うという意味から濃く鮮やかに、弔事は悲しみの涙で墨も薄まるという気持ちから、薄い墨で書くというのがならわしです。
スポンサード リンク

表書きの書き方とバランス

祝儀袋に表書きを書くときは、字配りやスペースの配分を覚えておくと、バランスよく書くことができます。
慶弔とも表中央には金額を、裏には住所氏名を書く。袋に印刷してあるときはそれに従う。金額は、まちがえないように、旧字体の漢数字で「壱、弐、参…」と書くのが基本。「一、二、三…」でもよい。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科