冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

弔問のマナー

弔問のしかた

通夜に出席するべきか

本来、通夜は身内の人やごく生前に親しかった人たちが集まって、故人の思い出にひたりながら一夜、最後の別れをするものです。その意味からいって、親しい人は当然通夜に出席すべきです。
どうしても告別式に出席できない事情で前夜の通夜に顔を出す、ということもあります。
遺族の気持ちとか、近ごろでは住宅事情ということもあって、それほど親しくない人は、かえってうかがうのが迷惑という場合もありますし、また一方では、お通夜が淋しくてはと、できるだけたくさんの方に出席してほしいと望んでおられるかもしれません。
出席すべきかどうか迷ったら、そっと世話人の方にでもうかがってみるとか、自分と同じような立場の人と相談するといいでしょう。

香典はどうするか

香典は、通夜あるいは葬儀・告別式に持参します。そのいずれでもかまいませんが、通夜に出席するならば、その折に持っていったほうがいいでしょう。
通夜で、受付などが設けられていない場合は、焼香のときに霊前に手向けます。

弔問の時間は

昔は通夜といえば文字どおり夜を徹して行われましたが、近ごろでは、半通夜といって、だいたい夜六時くらいから始まって、一応、九時か十時ころに終わり、外からの弔問客が退出したあと、遺族・近親者で静かに故人を見守るというのが一般的になっています。
読経や祭詞奏上のまえにおとずれ、あまりおそくならないように退席します。

通夜の席では

先客にあいさつした後、まず遺族の方にお悔みをのべます。
お悔みのあいさつというのは、むずかしいものです。じょうずに話そうなどと思わないことです。それより、のこされた方の思いや悲しみを思いやることが第一です。あまりに流暢なあいさつからは誠意や思いやりが感じられないものです。伏し目がちに、声を落とし、ことば少なにお悔みのことばをのべます。たとえば、「たいへんでいらっしゃいましたね。どんなにお力落としでしょう。お悔やみ申しあげます。おつらいと思いますけど、どうぞお体に気をつけられて…」「このたびは、おとうさまがおなくなりになりましたそうで…。みなさま、一生懸命ご看病なさいましだのに…。さぞかしお力落としのことと存じます。なんと申しあげたらいいのか…。ごりっぱな方でしたのに…。もう少し長生きしていただきたかったと、残念でございます。」
出席者同士、久しぶりに顔を合わせることも多いのですが、こういう席では、個人的な話題でおしゃべりすることは控えます。

通夜の儀式が始まったら

通夜の席があらかじめきめられていたら、そこに座ります。そうでない場合は、ふつう近親者とか長上の方が上席につき、あとは先客順に並びます。
仏式ならば、僧侶の読経に続いて順次祭壇の前に進んで線香をあげ、拝礼します。
神式では、神職の祭詞奏上に続いて順次玉串を捧げて拝礼します。
キリスト教式の場合は、司祭〈司式者〉の聖書朗読のあと、棺を囲んで一同で祈って讃美歌を歌い〈プロテスタント〉、聖歌を合唱〈カトリック〉します。献花の用意があれば順次献花します。

通夜ぶるまいの席では

通夜の儀式に続いて弔問客を軽い食事や酒でもてなす習慣が今も残っています。
せっかくの好意は受けるべきですが、「にぎやかにしてくだされば、故人も喜びます」といったことばを文字どおり受けて、宴席のように酔っぱらって声高におしゃべりするのはいけません。あまりにしめっぽくなるのは、遺族をやりきれない気分にさせるでしょうが、ほどほどにすべきです。話題も故人を偲ぶ内容で。他の話なら、どこか場所をかえてするべきです。
途中で失礼するときは、そっと目立たぬように席を立ち、受付の人や世話役の人にあいさつして退出します。

弔問客の服装

通夜の状況によりますが、ふつう通夜の弔問なら略式喪装程度がふさわしいでしょう。
男性ならダーク・スーツに黒ネクタイ、女性なら、じみな色無地紋つきのきものに黒い帯とか、じみな無地に近いきものに黒紋つきの羽織あるいは、じみな色・デザインのスーツやワンピースなどがよいでしょう。アクセサリーは極力控え、化粧もはでにならないようにします。当然靴やハンドバッグは黒またはそれに準じるものにします。
勤め先から直行しなければならないような場合は平服でかまいませんが、あまり派手なシャツやネクタイは困ります。女性の場合も、アクセサリーをはずして化粧も控え目にし、気になるようなら、胸にさりげなく黒いリボンをつけて喪を表してもよいでしょう。
スポンサード リンク

通夜焼香〈線香〉のしかた 座礼

通夜の場合は抹香をたくより線香をあげる場合多いので、ここでは線香のあげ方、拝礼のしかたを順をおって説明します。
これは座礼の例ですが、立礼でも、これに準じます。
1
前の人が焼香をし終わるのをまって立ち上がり、霊前に向かって静かに進む。数珠(じゅず)は左掌にかけ、伏し目がちに、やや中腰で。
2
焼香台より三歩ほど手前で立ち止まり、正座した左側の僧侶に向かって手をついて深くお辞儀をする。
3
正面に向きをかえて焼香台の前までにじりより、座布団に浅く〈足首が座右団から出るくらい〉座る。
4
祭壇に向かって軽く一礼する。
5
右手で線香を一本とって、その先を燭台の蝋燭にかざして火をつけ、香鉢に剌す。線香の中程をとり、斜めに倒すようにして火をつけると、炎が大きくならないし、刺しやすい。炎が大きくなったら、縦に手前にグッと引くようにするか左掌であおぐようにすると消える。絶対に口で吹き消さないこと。数珠を持った左手は軽く膝の上におく。
6
正面の写真または位牌をじっと見つめながら右掌を数珠の中に差し入れて合掌礼拝する。目を閉じ、頭だけ深く垂れる。その時間は早口にナムアミダブツを三回唱えるくらいが目安。
7
終わったら座布団からにじり降り、そのまま下がり、再び僧侶に深く一礼する。
8
向きをかえて喪主の前あたりまでにじり寄り、喪主に向かって一礼する。このとき、後の参列者に支障がないと思ったら、みじか目のことばでお悔みをのべる。
9
そっと立ち上がり、向きをかえて親族の列に軽く会釈しながら退出する。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科