冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

弔問のしかた

不幸を知ったとき

近親者や友人たちは

すでに「危篤」の知らせでかけつけていた人は、そのまま、悲しみに力を落とした遺族を助ける立場に回ります。動きやすい服装で、女性は弔問客に備えて台所のこと、部屋の片づけなどに、男性は近親者などとの連絡、走り使いや力仕事などにあたります。使いや電話・電報で急を知った親せき、友人、同僚、部下などは、とにかく、とるものもとりあえずかけつけます。
なにしろ気も転倒している折でもあって、通知がもれることも考えられますが、通知がなくても、不幸を知ったらかけつけましょう。
遺族にお悔みをのべ、「一目会ってやってください」と言われたら、静かに対面します。遺族も悲しみに一生懸命耐えているのですから、弔問客がとり乱すことはマナーに反します。
できればお手伝いを申し出ましょう。しかしその場の具合でお断りがあったら、静かに引きあげ、また通夜に出直すようにします。

近所の人たちは

「遠くの親類より近くの他人」ともいいます。
遺族にとっては、ふだん親しくしている近所の人たちの協力はとても心強いものです。近親者同様、家の内外にすすんでお手伝いに回ります。買い物を引き受けるとか、小さな子がいたら預かるとか、また、急のことで夜具、座ぶとん、食器そのほか不自由なものがあったら、貸してあげれば、どんなにか助かります。
とくに親しい関係でなければ、お悔みをのべてすぐに引きあげ、改めて告別式に参列します。

遠くで知らせを聞いたら

近親者なら、すぐに支度をしてかけつけます。電報や電話で「いつ行く」旨を伝えますが、とにかくとりこみ中ですから、電話をかけるにしても簡単にして、わざわざ遺族を呼び出すようなことはせず、用件だけを伝えるようにします。事情があってすぐに行けないようなときは、とにかく弔電を打ちましょう。出かけられない場合は、改めてお悔みのてがみを書きましょう。

夫の留守中に知らせを受けたら

とにかく連絡がつく場合はすぐに連絡をとって、その指示に従います。もし連絡がとれない場合は、相談できる親せきや友人に、また職場関係の方がなくなったのであれば、同僚や上司の方にうかがってみるのがいいでしょう。
夫がすぐにでもうかがえない場合は、「折あしく主人が留守中なので、わたくしが代わりにお別れさせていただきにうかがいました」と、夫に代わって弔問します。遺族とも親しい場合は、手伝いを申し出ます。

香典は持っていったほうがいいか

香典は通夜か葬儀・告別式のときに改めて持ってゆけばいいのです。なにしろ、まだ亡くなったばかりで気持ちの準備もできていないし、受付の態勢も整っていないときに持参するのは間違いのもとです。

おくれて不幸を知ったら

事情があって不幸をおくれて知った場合は、すぐにお悔みにうかがいます。告別式や埋葬のすんだあとならば、祭壇、仏壇、お墓に香を手向けて冥福を祈り、遺族には、おくれたお詫びとお悔みのことばをのべ、このときに香典、供物などを供えます。
スポンサード リンク

弔問の服装

不幸のしらせでかけつけるときは、喪服を着る必要はありません。その時の状況にもよりますが、じみな服装なら、ふだんのままでかまいません。化粧もはででないように心掛けます。親しい人なら、手伝いをするつもりで、働きやすい服装でおとずれます。とくに女性はエプロンを持っていくといいでしょう。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科