冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

忌明けごろにすること

忌明けの時期

仏式では、死亡した日〈命日〉から七日目ごとの忌日〈この日、冥土において閻魔大王の裁きが行われるといわれる〉に死者を法要し、七七日(なななのか)つまり四十九日〈宗派によっては五七日(いつなのか)つま三十五日〉に忌日が終わった〈死者が成仏した〉として、忌明けの法要を営むのがしきたりとなっています。神式では五十日祭をもって忌明けとします。キリスト教式では忌明けのしきたりはありませんが、仏式や神式にならって、三十日目の追悼式〈カトリック〉、一ヵ月目の召天記念日〈プロテスタント〉あたりを忌明けとしているようです。

仏壇を開いて新しい位牌を飾る

それまで後飾りの祭壇に遺影〈や遺骨〉といっしょに安置されていた白木の位牌は寺に納め、それまで閉じられていた仏壇の扉を開いて、新しく買い求めた塗りの位牌を飾ります。

香典返しをする

忌明けごろに香典返しをするのがしきたりになっていますが、近ごろでは三十五日または四十九日の忌明け法要を終えてから行っています。香典返しの額は、香典の三分の一か半分くらいがこれまでのしきたりのようになっているようですが、これではなかなか繁雑になるので、近ごろでは、二、三段階くらいの品物を用意して送ることが多いようです。
香典返しとしてよく使われるのは、お茶、のり、砂糖、菓子、石けん、風呂敷、シーツ、タオルや漆器・陶器などです。
奉書紙や半紙で包んで黒の水引をかけるか、市販の印刷された不祝儀用の掛紙をかけ、表書は「志」あるいは「忌明け」とし、下段には名〈一般的には喪主の名〉を書きます。
香典返しには、忌明けの法要や納骨をすませた旨とお礼を記したあいさつ状をそえます。
また、品物を送るかわりに社会施設へ寄付をして、その旨を記してお礼状を出すというケースもふえています。
送られた側は礼状を出さないのが慣習です。
スポンサード リンク

形見分けをする

故人を偲んでいただくために、故人の遺品を近親者に分ける「形見分け」は、ふつう忌明けの法要のころに行います。
故人の遺志もふまえたうえで、できるだけその人にふさわしい品がわたるように配分します。この形見分けは、ごく親しい方以外は失礼ととられるおそれがありますから気をつけます。

遺産相続をする

葬儀のあと始末を終えたあと、故人の遺した財産の相続や保険金・年金の受給などの問題を処理する必要があります。財産の相続は、正式の遺言書があればそれに従うことになりますが、なければ、法律に従って遺族の間で分割することになります。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科