冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

葬儀後すぐにすること

寺・神社・教会へ謝礼する

葬儀が終わったら、まず僧侶・神職・牧師へお礼をしなければなりません。寺や斎場を借りた場合は、その使用料も払わなければなりません。
謝礼は奉書紙か半紙に包んで弔事用の水引をかけるか、白の角封筒に入れ、表書きは仏式なら「御布施(おふせ)」「御経料」、神式なら「神饌料」「御礼」、キリスト教では、「御礼」「御花料」とします。

葬儀費用の支払いをする

葬儀社への支払いをすませます。
葬儀社の請求書の明細を確認したうえで支払います。
そのほか、当座、世話人や手伝ってくださった人たちの立替金を調べて早急に支払います。
スポンサード リンク

香典帳などを整理する

会葬者の名簿、香典帳、弔辞や弔電その他、世話役の方から引き継ぎを受け、これを整理します。

会葬者にお礼のあいさつをする

お寺や神社のほか、勤務先、上司、その他、近所でお世話になった人などには、お礼のあいさつ回りをします。
一般の会葬者にはお礼状を出します。ふつうねずみ枠のはがきに印刷しますが、お供物や香典をくださった方やそうでない方もありますから、文面には「御香料を賜り」などとはせず、「ご弔問を賜り」とか「ご弔詞を賜り」としたほうがいいでしょう。
死亡通知と同様、葬儀社にたのむと一定の形式にのっとったものを、早急に印刷してくれます。
最近は告別式の帰りに、その場で渡す例が多いようですが、できれば後日改めて送りたいものです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科