冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

火葬式・埋葬式

キリスト教では土葬が原則ですが、日本の現状では、土葬を禁じられている地域が多く、したがって最近は、とくに都市部の場合火葬がほとんどです。

墓地葬〈土葬〉

聖歌の合唱で始まります。
遺体は墓穴におろされ、司祭は、「肉体は土より出でたり、されど霊は土より入れられたるものなり」と唱えます。三度土をかけ、香をたき、聖水を注ぎ、下げ香炉を振り、「永遠の安息を」と祈り、信者たちもまた祈ります。
最後に一同で墓に聖水を注ぎ、バラの花をまいて式を終わります
スポンサード リンク

火葬

教会での告別式かずみしだい、棺を火葬場へ移します。
聖歌合唱、司祭の祈りのあと火葬にします。七日目とか翌月の召天記念日、その他、よい日を選んで、改めて納骨・埋骨します。
神父が聖書を朗読し祈ります。参列者が聖歌を合唱する中で遺骨は土に納められます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科